生ウニ通販お取り寄せランキング

生ウニ通販人気ランキング!!おいしいウニを食べるならココ!

生ウニ,ウニ,通販

生ウニ通販ランキング

北海道網走水産

産地直送の生ウニを、スプーンですくって…♪
鮮度が違うのでうまみが全く違います。

 

北海道綱走水産は、
なんと30年以上もの通信販売の実績があります。
30年以上前というとまだインターネットも普及していない時代です。
そんな昔から通販でウニの取引をしているお店というのはとても安心できますよね。

 

極上ウニ単品の販売だけでなく、ホタテと合わせた商品の「ウニほたて」「海鮮ぶっかけ丼」など、うにとセットになった様々な商品があるのが魅力です。
サイトにはウニを使った美味しい料理も掲載されているので一度、見てみてください。

 

特にウニとほたてのしょうゆバター焼きは、写真を見るだけで今すぐにでも食べたい!という気持ちになるほどの逸品です。

 

北海道網走水産公式サイトはこちら >

 

北国からの贈り物画像

新鮮な生ウニを安く買いたいならこちらの「訳ありウニ」が一番安くてオススメです。
大手ショッピングモールでも賞を受賞するなど、海産物通販ではとても有名なお店です。

 

こちらのサイトでも利尻・礼文産のウニが終わっても、年間を通してウニの販売をしています。

 

 

北国からの贈り物公式サイトはこちら >

 

 

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



生うにのお取り寄せならこちらが人気!!おいしいウニが食べたいのなら北海道のウニをお取り寄せ。

私はウニがこの世で一番大好きな食べ物です。

 

そんな私ですが今は、ふるさとの北海道を少しだけ離れています……。
ウニを我慢している私を尻目に
両親が「この間のお休みには、二人でドライブに行ってきたの♪日本一美味しいうに丼を食べてきたわ♪」と自慢してきたり
テレビなどで芸能人があげたばかりの新鮮なウニを使ったうに丼を食べているのを見ると、食べたくてたまらなくなります。

 

私だって食べたい!!
北海道に帰ったら、美味しいウニを口いっぱい頬張ってやる〜!!

 

カネキタ北釧水産

そんなことを思っていたのですが、最近はインターネットで本場の味をそのままにお取り寄せすることができるんですね!!

 

配送技術の進歩により、
北海道の漁場で殻を割りたてのウニを食べているかのような、新鮮なウニを自宅で食することができるんです。

本当に良い時代ですよねえ(*^_^*)

 

 

それを知った私はあらゆるウニ通販を片っ端から頼んで食べつくしました!!
そんな私のオススメサイトをランキングにしましたので是非参考にしてください。

 

ウニを注文するなら無添加塩水パックのものを

ウニをインターネット通販で注文するなら
往来のミョウバンを使用していない無添加塩水パックを使っているものをおすすめします。

 

ミョウバンとはいわゆる凝固剤のことです。

カネキタ北釧水産

とれたての生ウニはかなり柔らかく少し触れても崩れてしまうほどデリケートです。
ですので、一般的には形崩れを防ぐためにミョウバンを使用して木枠の折詰に並べられています。

 

みなさんもお寿司屋さん等で見たことありませんか?
あのウニって、口に含むと美味しいは美味しいんですが、どこか妙な苦味を感じませんか?

 

確かに見た目はキレイなのですが、ミョウバンを過度に使用してしまうと
ミョウバン独特の臭みや苦みがついてしまって、生ウニ本来の甘みやうまみが台無しになってしまうことがあります。

 

「ウニ嫌い」「ウニは臭い、美味しくない」

 

こんなことを言う人のほとんどは、
ミョウバンで苦みや臭みがついてしまったウニを食べたことで勘違いしているケースが多いです。

 

というのも、今世に出回っているほとんどのウニ(スーパーでもお寿司屋さんでも)には
ミョウバンが使用されています。

 

もし「ウニ本来の味」を味わってみたいならミョウバン不使用のものを選ぶようにしてください。

 

生ウニの種類、「板ウニ」と「塩水ウニ」の違いって?

 

もちろん私のオススメするサイトはミョウバン不使用です。

 

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



ウニを注文するときの注意事項

カネキタ北釧水産

注文に際して1つだけ注意事項があります。

 

海がしけ(荒れること)ると漁師さんが漁に出られません。
そういうわけなので、配達日を指定することができません。

 

うにの注文をしたとき、お店ではとれたら即発送、というスタイルを取っています。
ですのでシケが続くと少し待つこともあるようです。

 

確かに早く届いて欲しいですし、指定日に届けば楽ですが、
本当に新鮮だとうたっているものが日付指定できたら逆に怪しくないですか?
指定日にぴったり届くってことは、在庫として店舗にしばらく置いてある可能性もあるっていうことも考えられますよね?

 

ですので、日付指定ができないのは新鮮さの代償として、仕方のないことなんだと思います。

 

漁師さんが自らとってきて厳選したウニ

おいしいものを食べると幸せな気分になりますね(*´ο`*)

 

頑張って仕事してきて良かった; ;
今日この日まで、生きてきて良かった・・(大げさ)

 

島の人オンラインショップ

 

正直言って私はこんなおいしいウニを食べたことがありませんでした!!

 

今まで食べてきたウニとはまったく別物でした。

 

口の中に入れたとたんとろけますよ!!
あま〜〜い!おいしいぃぃぃぃいいい!!!
と思わず叫んでしまうレベルです。

 

ウニにお醤油をかけるときはちょっとずつ、注意してかけてください。
むしろ醤油をかけなくてもOKなぐらいです。島の人オンラインショップ


最初の一口は、お醤油なしで味わって頂きたいですね。
絶対に今までのウニとの違いに舌が驚くこと間違いなしです。

 

本当に柔らかくて、ご飯にのっけるときはお箸では崩れてしまうので、スプーンを使います。

 

色もとってもキレイです!!
つぶがはっきりわかるのがまた新鮮な感じがして良いですね。

 

モノがモノなので、スーパーなんかに売られているものよりは若干高いですが、すごく高いってわけでもなくちょっと特別な日や自分のご褒美にはお手頃な値段です。
むしろこんな貴重で高級なものを、このお値段で本当にいいの?と恐縮しちゃいます。。
最近、頑張っている人ならご褒美として自分に買っても良いと思いますよ。
少し贅沢で幸せな時間を自分にプレゼントしてみませんか?

 

ウニ好きなら絶対買いですよ!!

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



通販のウニって本当に美味しいの?

 

ウニは好きだけど、新鮮なウニを近所では食べられないなんて方は多いと思いますが、本当に鮮度の良いウニというのは、漁業近くの市場やお店に行かないことには食べられません。

 

とはいえ、お寿司屋さん鮮度の良いものを扱っていますという飲食店では、美味しいウニを食べれたりすることがありますよね

 

そういった店舗では、産地直送やシェフが良い食材を調達しに早朝から市場へ足を運んでいるのですが、自宅でもミョウバンに漬けたものではなく、甘くて美味しいウニを食べることができるんです。

 

それがお取り寄せなのですが、通販のものって本当に美味しいの?って思われている方もいますよね。

 

通販は普通に利用していても、海産物などの日持ちしない生ものはどんな状態で届くのかもわからないし、
サイトによっては当たりハズレもあるから、
正直どのサイトが良いのかもわからないので不安という方も少なくはないと思います。

 

生ウニ,ウニ,通販

それに近所のスーパーで売られてるものを考えても、苦みが多くて味が落ちていたりするものがほとんどなので、
通販の物もそうなのではないかと思ってしまうという方もいるでしょう。

 

ですが、こちらで紹介しているサイトでは、水揚げされたウニをすぐに剥いて
海水に近い塩水に入れパック詰めをし、その日に発送しています。

 

通常スーパーで購入前にセリや仕入れ、配送、販売といった流通がありますが、
そういったものがなく、獲れたてのものを加工しすぐに自宅に送るので、
近くのお店で購入するのとは鮮度や管理も異なります。

 

それに美味しいものを厳選してお届けするからこそ
通販でも日時を指定することができず、何週間も待つ場合もあるなど、デメリットがあるくらいです。

 

ウニは、網漁ではなく1つ1つ素潜りで獲りますので、時化などで船がでなければ、
いくら旅行で北海道を訪れても新鮮で美味しいウニを食べられないこともあります

 

それは新鮮なウニを扱っている通販サイトであれば同じということです。

 

なので、見分け方のポイントとしては
日時が指定できるところは避けた方が良いです。

 

 

また、訳ありウニなどを安く販売しているサイトがありますが、
訳ありというだけでスルーされてしまいがちですが、訳ありの理由をきちんと確認しておくことも大切です。

 

というのも、味や品質に訳があるというのではなく、新鮮なウニは身がちぎれやすく、
味は良くても大きさがバラバラだと見た目にもよくないので均等性のないものだとはじかれることが多いのです。

 

鮮度が良くないという理由ではないことを知っておきましょう。

 

見た目に関係なく美味しいウニを安くたくさん食べたいという方にはおすすめなので、
訳ありウニを扱っているサイトでは理由などもきちんとチェックしておくと良いでしょう。

 

こちらで紹介されているサイトは、味も品質も評価が高く
リピートされる方も多い人気のサイト
なので、ぜひチェックしてみてください。

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



 

 

生ウニとミョウバンの関係

生ウニ,ウニ,通販

ウニは高級品とされながらも好きな方と苦手な方って結構別れちゃいますよね

 

特に生ものは日が立ってしまうと鮮度が悪くなるので味も落ちてしまいますし、生臭さや食感なども変わってしまいます
その対策としてどの生鮮食品にも言えることではありますが、加工することで食品の保存期間を長くしようと工夫がされています

 

ウニの場合にはミョウバンが使用されています。

 

ミョウバンは市販でも売られている食品添加物の1つで、レンコンやゴボウなどの根菜のあく抜きやお漬物、ホットケーキなどのお菓子類にも使用されています。
最近では、消臭や殺菌の効果があることで、直接皮膚に付けられる自然な制汗剤として手作りミョウバン水が話題になったこともありました。

 

では、ウニにはどのような効果があるかというと、ウニは常に色や形が整っているというイメージがありますが、それは実は全てミョウバンのおかげなんです。

 

ウニは鮮度が落ちると、味が落ちる以前に殻から取り出してしまうと数日で溶けてしまいます。
新鮮なウニは口の中でとろけると言いますから、それもなんとなくわかりますよね。

 

ミョウバンは、鮮度を保つほかウニの身の形を保つという役割があるわけです。

 

とはいえ、ウニが苦手という方の多くはウニの苦みがダメという方がほとんどですが、
その苦みの原因というのもミョウバンにあります。

 

でも、ミョウバンが使われている板ウニでも苦味のない美味しい生ウニってありますよね。

 

それとスーパーや回転ずしなどで手軽に食べられるウニと何が違うのかというと、やはり良質な昆布を食している本場のウニであったり、時期などによっても違いがあるようですが、生ものは当然鮮度が重要なので、海から上がってからの時間によっても味はどんどん落ちてしまいます。

 

購入してすぐに食べるのと、卸してからお店に並べたり、加工されて購入し食するまでの時間を考えれば鮮度は全く違いますし、その工程を考えると保存の仕方も違ってきます。

 

例えば、身が小さく崩れやすいウニを悪いウニ、身が大きくてしっかりとしたウニを良いウニとすると、身の悪いウニは良いウニに比べて型崩れ予防にミョウバンの量が多くなりますし、良質なウニであれば、ミョウバンをそれほど使用しなくても状態を保てますので、味に変化がでるほど使用はしません。

 

要は使用するミョウバンの量にも違いがあるので、必ずしもミョウバンを使用しているからといって不味いというわけではありません。

生ウニ,ウニ,通販

美味しいウニは鮮度はもちろんのこと産地や旬な時期に食べるということもポイントです。

 

ただ、どうしてもミョウバンには抵抗があるという方や自宅で獲れたてのウニを堪能したいという方は塩水ウニがおすすめです。

 

塩水ウニは、水揚げ後すぐに殻から取り出し海水と同じ塩水に漬けてパック詰めしたもので、見た目には不揃いですが、殻剥きしてすぐの美味しいウニを味わえます

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



 

 

鮮度を考えるなら殻付きウニの方が良いのでは?

 

そもそも保存料を使用せず新鮮でおいしいウニを食べるなら、水揚げ後すぐに発送してくれる殻付きウニのほうがいいのでは?と思いますよね。

 

確かに殻付きウニの方が獲れたてそのままに、輸送にも適しているとされているのですが、鮮度についてはいくら獲れたてであっても、陸に上がってしまうと鮮度は落ちていきますので、殻から剥いてすぐに加工してあるものの方が鮮度が保たれているとも言えます。

 

鮮度の高いウニを食べたいという方であれば、水揚げ後すぐであれば殻付きのものが一番鮮度が良いですが、お届けとなると日にちを指定できないので、いつ届くかと気になってしまいますよね。

 

不安になりながら待つのであれば、職人さんの手作業で塩水加工されたものが安心です。

 

職人さんの加工作業をテレビなどで見ると、一見簡単そうにも思えるのですが、漁よりも時間が要するとも言われていますし、獲れたてのウニというのは身がとても柔らかくちぎれやすいので、丁寧な作業が求められます。

 

殻付きのウニに比べて、パック詰めされるウニの値段が高いのですが、これは、職人さんが1つ1つ手作業で行っているというのも理由の1つです。

 

殻付きのウニをお取り寄せする場合には、初めての方であれば時間も要しますし、海水と同じような塩水を用意したり、剥いて内臓部分をきれいに取り除くなど全てを行わなければならないので仕事終わりに作業して食事するとなると結構大変です。

 

また、殻剥きすると手に殻の色が付くのですが、気を付けないと身にも色がついて見た目が悪くなってしまいます。

 

こういった手間を考えても、殻付きよりは生ウニがおすすめとも言えるわけです。

 

塩水ウニの場合であれば、海水に近いものを使用していますので、獲れたてそのままの美味しさを味わえます。

 

あとは何といってもお取り寄せにおいて鮮度の次に気になるのが、どのような状態で届くのかというところですが、ウニやカニというのは、お魚と違って開けてみるまでは身の入り具合ってわかりませんよね。

 

もちろん熟練の漁師さんであれば、重さや大きさなどでわかりますが、それでも100%正確というわけではありません。

生ウニ,ウニ,通販

なので、殻付きで開けてみたら空っぽだった、中身が少なかったと残念に思うのであれば生ウニで決まった量が届くもののほうが満足できます。

 

ただ、市場などでも殻付きのものというのは、なかなか購入することができないので、殻剥き体験や届いてすぐに剥く準備ができているという方であれば殻つきもおすすめです。

 

海産物のお取り寄せが初めてという方は、まずはミョウバンを使っていない塩水ウニをお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

注意点としては、美味しい生ウニというのは、配達日を指定することができません

 

というのも、海産物の通販サイトはいろいろとありますが、美味しい新鮮なウニというのは、水揚げされてすぐに剥いて加工されますので、時化(しけ)などによっては休漁となり、入荷できないこともあるからです。

 

なので、注文してからすぐに届くこともあれば、何週間も待つこともあるので自分の予定を考えて注文することをおすすめします。

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



 

 

海産物のお取り寄せが初めてで不安という方に

 

ウニのように生の海産物は鮮度が大切と言われるように、時間との勝負がポイントです。

 

北海道産となると遠方であれば届くまでに時間もかかりますし、ウニの場合は日にち指定ができないのでそんな時にもしも不在だったらどうしよう、なんて不安をもたれる方も少なくはないと思います。

 

特に生ウニの場合は、届いた当日か翌日には食しないといけないとされているので、日にち指定ができないのはかなり不安ですよね。

 

確かに不安な気持ちもわかりますが、こちらで紹介しているサイトでは、セリや卸といったものがなく、水揚げしてすぐに剥き、きちんと品質チェックされたものを届けてくれますので、通常よりも流通が早く新鮮で美味しいウニが味わえるんです。

 

また、通販サイトによって対応が異なりますが、サイトのお届け予定日が記載されており、時化など天候に問題がなければ予定日の翌日には配送されます。

 

サイトによっては、都合の悪い日を注文時にあらかじめ連絡できたり、発送後の電話連絡やメールでの連絡をしているサイトもありますので、より安心してお取り寄せをするために注文前にサイトの詳細をしっかりと確認しておくようにすると良いです。

 

今は配送状況なども調べられますので、発送確認ができるサイトであるかと配送状況が確認できる運送会社を利用しているかをまずは確認しましょう。

 

海産物の注文や発送もそうだけど、1人暮らしで今まで出されたものしか食べたことがなくいざ届いたら、美味しく食べられるものだろうかと不安に思う方も中にはいるかと思います。

 

塩水ウニはとにかく獲れたてのウニを味わえますので、容器を持ち上げて塩水を切ればスプーンなどですくってそのまま食べられます。

生ウニ,ウニ,通販

まれに獲れたてそのままの状態に近いとはいえ、塩水を切らずにすくって食べてしまう方もいますが、ウニというよりも塩水の味が口いっぱいに広がってとてもしょっぱいので、必ず塩水を切りましょう。

 

塩分が強い場合もあり、パックの塩水だけではなく、ウニに含まれる塩水を切ることも必要な場合があります。

 

その場合は水洗いは絶対せずに容器に塩水切りが付いてるパックの物はそれを利用し、無いものは水切りのざる等で塩水を切って少しの間置いておくと、ウニの塩水も切れます。

 

獲れたてのウニは口の中でとろけるのですが、これを水洗いしてしまったらどうなるかは想像がつきますよね。

 

ウニは高いので失敗はしたくないですし、せっかくの良質なウニをお取り寄せしたのだから美味しく満足して食べていただきたいです。

 

新鮮で美味しいウニとなると本場でしか食べられないのが普通ですから、通販のメリットである日時を指定できないというのはかなり不安要素ではありますが、本場の美味しいウニを自宅で食べたいのであれば、旅行に行くつもりで予定を立て、余裕をもって注文しましょう

 

 

ランキング1位のおいしいうにはこちら♪



美味しい生うにを食べるなら通信販売がおススメです

 

ウニは高級食材ですし、普段食べる機会は少ないですよね。
お祝いや自分へのご褒美など、特別な日には食べることが多いと思います。

 

そんな特別感を演出してくれるウニですから、どこでどんなウニを買うかも重要になってきます。
大事なお祝いの席なのに、美味しくないウニを買ってしまったら席が台無しになりかねません。

 

ウニの値段は一番安いものでも1,000円くらいで、他の刺身などに比べても高いですよね。
しかし、その値段のウニを買っても、美味しいと思えるウニに出会える確率はほとんどありません。

 

一般的なスーパーなどで手に入るウニは価格は安いですが、味もそれなりということです。

生ウニ,ウニ,通販

市販されている多くのウニは、ミョウバンを使って形を保っていたり傷むのを防いでいます。

 

このミョウバンが本来のウニの風味を損ね、苦かったり臭みのあるウニにしてしまうのです。

 

しかし、ミョウバンを使わない生うにはとれてすぐに形が崩れ、傷むのもとても早いものです。
長距離の移動や運搬時の衝撃、お店に並ぶまでの時間を考えると、ミョウバンを使う方が安全に販売することができるんです。

 

ウニはとれたてを食べるのが一番美味しい食材で、とれる地方ならミョウバンを使わない生うにを食べることができますが
なかなか現地に行って食べるのは難しいですよね。

 

普段スーパーなどで売られているウニでミョウバンを使っていないものを見つけるのはとても難しいことです。

 

ミョウバン以外の保存方法で売られているものでは塩水ウニがあります。
これはミョウバンの代わりに塩水に浸かって販売されています。
こちらもスーパーで一般的に見ると思います。

 

ミョウバン臭さはないですが、塩水に浸けているためウニの風味は損なわれてしまいます。

 

では、家庭でミョウバンや塩水が使われていないウニを食べる方法はないのでしょうか。

 

それができるおススメの購入方法は通信販売での購入です。

 

ウニがとれる地方からの発送であれば、旬の美味しい生うにを家庭で食べることができます。
野菜などもそうですが、産地直送の食材はとても美味しいですよね。

 

通信販売の方が、保存料など何が入っているかわからない
と思うかもしれませんが、商品にこだわりをもって販売している販売元には
必ず添加物や保存料がどのようなものが使われているか書かれています。

 

 

ウニを扱っている通信販売は数多くありますが、中にはミョウバンを使っていない生うにを販売しているサイトもありますよ。

 

美味しい生うにを食べるなら通信販売での購入がおススメです。

 

ウニの通信販売での注意点

 

美味しい生うにを食べるなら通信販売での購入がおススメですが
注文の際には注意しなければいけないことがあります。

 

それは、お届け日の指定ができない場合がある
ということです。

 

無添加の生うにを注文した時は、とれたウニをすぐに加工して発送となりますが
時化などで漁に出られなかった場合は加工できるウニがありません。

 

作り置きしてあるお店もありますが、鮮度を大切にするお店ほど
その日にとれたものを発送することにこだわっていますので、お届け日に融通がきかないことが多いのです。

 

 

ウニはとれたてを食べるのが一番美味しいですし、日持ちがしませんので
消費期限も短くなっています。

 

届いたらできるだけ早く食べるのが美味しく食べられるポイントです。

 

消費期限を過ぎたウニを食べることはおススメできませんから、期限内に食べきってください。

 

お届け日の指定ができないということは、食べられるタイミングが存分にある時に注文しないといけない
ということです。

 

なお、ウニが多くとれる夏はお盆を挟みますので、サイトの営業日も確認しなければいけませんね。

 

お盆も休みなく営業のサイトもありますし、注文受付がなく発送のみというサイトも多いです。

 

お盆時期に家族や親戚などが集まる席で生うにを用意しようと考えている場合は
注文の時期をしっかり確認した方が良いですよ。

 

サイトによっては、ウニの入荷状況やお届け日の目安を記載している場合もあります。

 

 

 

そして、美味しいウニを食べるのに必ず見ておくべきポイントがあります。

 

それはウニの種類です。

生ウニ,ウニ,通販

 

ウニの種類は大きく4種類あり、ムラサキウニ、キタムラサキウニ、バフンウニ、エゾバフンウニ
となっています。

 

バフンウニの2種は、味が濃く甘みが強いのが特徴です。
ムラサキウニの2種は、味は淡白でクリーミーなのが特徴です。

 

エゾバフンウニが一番美味しいと言われますが、好みがありますので自分の好きなウニを選んだ方が良いと思います。

 

それぞれ収穫時期が違いますので、一年を通してウニを食べることができます。

 

旬だと言われる夏にとれるウニは、キタムラサキウニとエゾバフンウニです。

 

無添加で作られているウニなら、とれる時期のウニしか選ぶことができません。

 

時期ではないウニが販売されているなら、それは冷凍されている可能性があります。
冷凍のウニは生うにに比べて風味が落ちますので、せっかく美味しいウニを食べるなら
冷凍ではなく、旬の美味しい生うにを食べた方が良いですよ。

生ウニ,ウニ,通販

通信販売では、生うにだけでなく粒うにや練りうに、佃煮などの加工品もあります。

 

これだと生うにより日持ちもしますしお届け日の指定もできます。

 

生うにも美味しいですが、美味しいウニを使った加工品はご飯のお供に最高です。
贈り物にも最適なので合わせて購入しても良いですね。

 

通信販売で美味しいウニを買うなら、好きなウニの種類が販売されている時に
タイミングをみて注文してくださいね。

 

 

生ウニ,ウニ,通販