生ウニ通販なら

北海道のウニ漁解禁はいつ?

生ウニ,ウニ,ウニ漁解禁

北海道のウニ漁解禁はいつ?

 

北海道のおいしく食べられる時期

北海道で採れるウニは、キタムラサキウニ、エゾバフンウニの二種類。
このウニは日本中やアジアに多く海の中にいます。

 

まず最初にエゾバフンウニ
夏から美味しく食べられるのですが、北海道は大きい島なので採れる場所によって時期が異なります。
漁は6月〜8月に、利尻島、礼文島や日本海に面する地区から始まります。
函館は、少し遅い時期の9月〜11月に。
北方方面の4つの島は10月〜4月と寒い中の漁になります。
美味しいのウニのために、寒い中の漁本当に頭が下がりますね。

 

次に、キタムラサキウニの時期は春から夏になる5月〜9月に利尻島、礼文島や日本海にあたる地区で始まります。
函館は、バフンウニと同じく遅い時期の11月〜と寒い中の漁です。
ウニは将来のウニの事考え、産卵や繁殖時期に漁をしてはいけないとされています。

 

 

短い間ですが、おいしく食べられるのも漁師さんたちのおかげですね。
漁の仕方は、色々ありますが有名なのが、海女さんが巣潜りするやり方やカゴや網での漁ですよね。漁の時期になると太陽が出てない暗い時間帯から始まり年間1トントラック並のウニが採られているようです。

 

生ウニ,ウニ,ウニ漁解禁

 

北海道の漁師達のウニの保存や食べ方

市販のものは、ミョウバンをウニの身をボロボロにならないために使用しています。
それだと味が少し苦く感じたりと変化が出てしまいます。

 

そこで、漁師たちは塩水でウニをボロボロにならないように保存します。
海の生物を料理するときや処理するときに塩水を使いますよね。例えば砂抜きにしても。
やっぱりウニも海の生き物だから塩水がいいのでしょうね!

 

塩水に漬けたものは、採れてから数日はそのまま食べることができます。
すぐに食べれないけど、そのままの味を楽しみたいという人にはもってこいのやり方です。

 

北海道の漁師さんのウニの食べ方は、圧倒的にウニ丼にして食べるのが人気のようです。
そのほかには、網にのせて焼きウニにするなど・・。
想像するだけでお腹がペコペコになりますね!

 

生ウニ,ウニ,ウニ漁解禁