生ウニ通販なら

利尻のウニ

生ウニ,ウニ,利尻,北海道

甘みが魅力!利尻のウニ

雨が降り出す6月から8月にかけて旬を迎えるウニ。冷凍うには1年中手に入りますが、この時期の旬のウニの味は格別ですよね!
お寿司屋さんに行ったら、必ずウニを注文するというグルメな方も多いのではないでしょうか。
でも、ウニってお店によって結構味が違うと思いませんか?
「おっ、今日のお店のウニは美味しいな!」と思うこともあれば、「あれ?なんか味が物足りないな・・・ハズレかな」なんてこともしばしば。

 

ウニには、アタリやハズレがあるという人も多いですね。あそこのお店は美味しいとか、個々のお店はダメだとか。
でも、その基準ってなんだと思いますか?

 

その多くは、どこでとれたウニを使用しているかどうかなんです。
特に、加熱しないでそのまま食べる場合は、産地が重要です。ウニの味そのもので勝負しなければいけないわけですから。
加熱して味付けするのであれば、料理人の腕次第というところもあります。
しかし、生で食べるものはそうはいきません。

 

国内で食べられるウニの半分以上は、北海道産の物です。
北海道は海産物が美味しいことで有名ですね。特に有名なのが、ウニやイクラではないでしょうか。
北海道のウニが美味しいと言われている理由は2つ。

 

1つ目は、海の水が冷たいということ。冷たい海水で育つウニの味は格別です。
キュッとしまった身の中に、うま味がギュギュッと凝縮されているのは北海道産ならでは。

 

2つ目は、エサとなる昆布が良質なこと。
これに関して言えば、北海道産ならどこでもいいというわけではありません。

 

やはり、美味しい昆布と言えば利尻。利尻の昆布は贈答用としても有名ですね。
そんな利尻の昆布を食べて育つ「利尻のウニ」は、北海道産のウニの中でも甘みが違います。
新鮮なのはもちろんですが、口に含んだ時に広がる甘さが格別なのです。

 

生ウニ,ウニ,利尻,北海道

 

環境と、何を食べて育ったかがウニの味を大きく左右します。
北海道産というだけでも十分美味しい条件はそろっていますが、さらにワンランク上の味を求めるのであれば、利尻のウニに限ります。
エサとなる昆布のうまみがしっかり吸収され、磯の香りの中にある甘さを感じられるのは、利尻のウニならでは。
高級食材ですから毎日食べられるようなものではありませんが、せっかくウニを食べるのなら、とびっきり美味しいウニが食べたいですよね。

 

ウニ好きの人はもちろん、ウニが苦手という人でもファンになってしまうくらいなんですよ。
利尻のウニが手にはいったら、ぜひ、生でその味を堪能してくださいね!

生ウニ,ウニ,利尻,北海道