生ウニの栄養とは

旬の生ウニってどんな栄養があるの?

生ウニ,ウニ,通販,栄養

旬の生ウニってどんな栄養があるの?

 

寿司屋でも、和食店でも、パスタや洋食店であっても・・・。
ついつい、メニューにあると注文してしまうのが、「ウニ」の入ったお料理です。

 

特に、旬のシーズンの生ウニは格別の味!

生ウニ通販人気ランキング


甘くて口の中でとろっと溶ける感覚は、他の食材では、なかなか思いあたりません。

日本3代珍味の1つにあげられているのも、うなずけますよね。

 

 

ところで、とても美味しい生ウニですが、栄養もきちんとあるのでしょうか?
濃厚な味なので栄養もたっぷり含んでいる気もしますが・・・
実のところどうなのでしょう。

 

 

主な栄養素として、ビタミンA、ビタミンE、アミノ酸などが豊富に含まれています。

 

 

ビタミンA

ウニのオレンジ色の色素は、ビタミンAの働きをするそうです。
皮膚、粘膜、目の健康に役立つ栄養素です。

 

 

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用で有名。
体の中の活性酸素を抑えてくれるので、動脈硬化などの予防にも良いそうです。

 

女性にとっても嬉しいのは、血管の酸化を防いで血行を良くしてくれる働き。
お肌もキレイにしてくれそうですね。

 

 

アミノ酸(タウリン)

心臓の働きを強めたり、高血圧や貧血の予防、肝機能障害の回復、などに効果があるそうです。

 

 

生ウニ通販人気ランキング

ちなみに、生ウニを漢字で書くと、「生海胆」。

海の肝ということは、まさに海のレバー!

 

 

ウニのオレンジ色の身は、実は、オスの精巣とメスの卵巣なのだそうです。
ウニの旬のシーズンは、産卵の数カ月前。
精巣や卵巣が大きく成熟する前の、栄養価がたっぷり含まれている時期なのです。

 

 

ホルモンが豊富なので、酵素も多いのが特徴。
ビタミンやミネラルの働きで、美容にも効果が期待できそう!

 

生ウニを食べると、なんだか、一気に元気を取り戻す感じがしていました。
実は、美味しさだけでなく、栄養素にも秘密があったのですね。

生ウニ,ウニ,通販,栄養