本来の味・鮮度に近い粒ウニは他のウニ加工とは格別に違います。

格別に美味しい粒ウニの魅力

生ウニ,ウニ,通販,格別

格別に美味しくて日持ちもする、粒ウニの魅力

生ウニ,ウニ,通販,格別

 

ウニは珍味であり、また高級食材であり、特に生で食すと得も言われぬ格別の美味しさ。
何を食べたい?と言われて真っ先に思い浮かぶ方も多いかと思いますが
難点は、痛みが早い、日持ちがなかなか効かないという点ですよね。

 

殻付きのウニを漁獲して、殻を剥がして2日もすれば、早くも身が崩れてとろけ始めてしまいます。
これは、ウニ自身の出す酵素の働きのせいだと言われています。

 

ウニの加工品、いろいろ

生ウニ,ウニ,通販,格別

そこで、古くから、ウニの水産加工会社などでは、ウニをできるだけ新鮮な状態で日持ちさせる加工技術を編み出し

改良し工夫を重ねてきました。

 

主に、塩やアルコール等を加えて、ある一定の期間は保存が効くようにウニを加工した商品がウニ加工品と呼ばれます。

 

ウニ加工商品は、ざっくりと分けると、以下の4つに大別できます。

 

1.「粒ウニ」

ウニの精巣や卵巣部分に食塩を加えたのもの(塩ウニ)や、エチルアルコールや酒粕、アミノ酸調味料などを加えて、加工したものの総称。
一般的に、「塩ウニ」含有量が65%以上が規定。

 

2.「練りウニ」

「塩ウニ」にエチルアルコール等を加えて、更にそれをペースト状に練り潰して加工したウニの総称。
これも、「塩ウニ」含有量65%以上と規定があります。

 

3.「混合ウニ」

加工のやり方は、「練りウニ」と同様。
「塩ウニ」含有量が50%〜65%未満である加工品の総称。

 

4.「ウニあえもの」

「粒ウニ」、「練りウニ」、「混合ウニ」に、ウニか以外の食材、即ち、イカやカズノコやシイタケなどを混ぜ合わせた加工品。
「塩ウニ」含有量が15%以上であるものの総称。

 

生ウニ,ウニ,通販,格別

 

どのような加工品であっても、ウニの風味は生きていますのでそれなりに美味しいのですが、
やはり、ウニの醍醐味を味わえるのは「粒ウニ」ではないでしょうか

 

 

「粒ウニ」の魅力

生ウニ,ウニ,通販,格別

粒ウニの魅力は何といっても、その生に近い風味と鮮度だと言えます。
特に、殻付きウニを殻から取り出して、すぐに塩水でパックした粒ウニは、
生ウニ本来の甘さや潮の香りが活きていて、格別の味わいとなっています。

 

新鮮でありながら、エグミや生臭さ等も一切ないのが北海道産の粒ウニの特色であり、
お取り寄せなどの直販で入手した場合には、本場さながらのウニ丼などで味わうと絶品の美味さです。

 

とりわけ、北海道沿岸の様々な名産地で漁ったバフンウニやムラサキウニの粒ウニの味わい深さは格別であり、
熱々のご飯にそのまま乗っけて食べても、酒肴としても、パスタにあうクリームソースとして使用しても
抜群のクオリティの高さ、風味の格調の高さを醸し出してくれます。

生ウニ,ウニ,通販,格別