生ウニの種類は?

生ウニの種類、美味しいのはどれ?

生ウニ,ウニ,種類

生ウニの種類、美味しいのはどれ?

 

北海道に行くと、必ず食べたくなるのが美味しい生ウニ!
ところで、ウニにもいろいろあるようですが、どのくらいの種類があるのか、ご存知でしょうか?

 

ウニは世界中に生息しており、現在確認されているところでは、900種類もあるのだそうです。
ですが、食用とされているのは、そのうちわずか10種類程度。
生ウニとして日本で食べられているのは、「バフンウニ」「ムラサキウニ」の2種類です。

 

 

バフンウニ

生ウニ通販人気ランキング

 

北海道や東北が産地で、トゲが短く、殻に入った見た目が馬糞に似ていることから、このように名づけられました。
身の色は、オレンジ色に近い濃い黄色で、「赤ウニ」などとも呼ばれることがあります。

 

味は、濃厚で甘味が強いのが特徴です。
値段は、一般的に、ムラサキウニより高いようです。
主な産地としては、利尻産・礼文島産が有名です。

 

 

ムラサキウニ

生ウニ通販人気ランキング

 

北海道や東北が産地で、トゲは長く、殻に入った見た目は黒に近い紫色をしていることから、このように名づけられました。
身の色は、白色に近い淡い黄色で、「白ウニ」などども呼ばれることがあります。

 

味は、淡泊で上品な甘みが特徴です。
値段は、バフンウニに比べると下がりますが、こちらも北海道を代表する美味しいウニの1つ。
主な産地としては、奥尻島産などが有名です。

 

 

生ウニ通販人気ランキング

「バフンウニ」と「ムラサキウニ」、美味しいのはいったいどちらなのでしょうか?

バフンウニの方が生産量が少なく、価格も高い、傾向があります。
特に、北海道でとれる「エゾバフンウニ」が、最高級のウニである、と言われていますね。

 

 

北海道出身の私の感覚としては、どちらも、それぞれに違った美味しさがあります!
上質なバフンウニは、確かに、とろけるような極上の美味しさがあります。
ですが、上質なムラサキウニも、食べ飽きない上品な美味しさなんですよね。

 

おすすめは、ちょっと贅沢ですが、両方食べ較べをすること。
個人的には、刺身で「バフンウニ」、海鮮丼で「ムラサキウニ」を、ぜひ食べてもらいたいです。

ウニの値段は種類によって違うの?

 

ウニは日本近海だけでも180種類くらい確認されているんです。
とっても多いですよね。

 

その中で、食用とされているのは主に4種類です。

 

大きく分けると2種類で、ムラサキウニバフンウニです。

 

先日、人気のテレビ番組でも特集されていましたが、北海道ではバフンウニを食べる文化がある
という内容でした。

 

実際に北海道の人は、バフンウニを好んで食べます。
ムラサキウニは食べないという方も多いほどです。

 

ムラサキウニの見た目は、一般的に想像するようなトゲの長い形です。
身は白っぽく淡い黄色をしています。
白うに」と呼ばれることもあります。

 

 

味は見た目と同じく淡白でクリーミーな味わいです。

 

生息地は、青森以南の日本海側、茨城県以南の太平洋側です。
つまり、北海道ではとれないのです。

 

 

北海道でとれるのは、キタムラサキウニです。

 

 

 

バフンウニは、見た目がムラサキウニよりトゲが短く、たわしのような感じです。

 

 

身は濃いオレンジ色に近く「赤うに」と呼ばれることがあります。

 

味は濃厚で甘味が強くあります。

 

 

生息地は東北地方から九州まで、広く生息しています。

 

 

 

北海道でとれるのは、エゾバフンウニです。

 

日本のウニの中で一番美味しいと言われているウニです。
4種類の中では味が一番濃く、甘みも強いので、美味しいウニを味わうならエゾバフンウニが一番だと思います。

 

 

 

夏が旬だと思われているウニですが、実はこの4種類で一年中ウニの旬があるんです。

 

真冬にはあまりとれるイメージがないと思いますが、ロシアのウニを食べることができます。
春から秋は日本のウニを食べることができるんですよ。

 

 

ウニは高級というイメージがありますが、とれる時期や質によって値段もピンキリです。

 

 

一折りで一万円もするものから、1000円を切る値段で販売されているものもあります。

 

 

スーパーなどで安く手に入る格安のウニは、見た目からして高級なウニとは異なります。
冷凍したものを解凍して販売していることもあり、形を留めていないことがあります。
ドロドロな形状で味も良くありません。

 

最高級なウニは値段も高級です。
綺麗な形をしていて色の濃いバフンウニだと、時期や販売場所などによっても変わりますが
一折り5000円以上はします。
量によって一万円を超す場合もありますね。

生ウニ,ウニ,種類

 

特別安いウニと特別高いウニは見た目にも分かりやすいですが
中間の値段のものは見分けるのが難しいかもしれません。

 

なぜなら、形が綺麗でもミョウバンを多く使って形を整えていることがあり
手間や量で値段が高くなっているのに、味はミョウバン臭いということがある
んです。

 

綺麗に整えられたウニより、少し形が崩れていてもミョウバンが少ない、使っていないというウニの方が
値段も安く味が良いということもあります。

 

比較的安く手に入るウニはムラサキウニ、高いウニはバフンウニ
商品にウニの種類の記載がない時は色で見分けてくださいね。

 

バフンウニは高級で美味しいとされていますが、ムラサキウニももちろん美味しいウニです。
好みもありますし、食べ方によっても合うウニがあると思います。

 

値段が高いから美味しいというわけでもないので、自分の好みのウニを購入してくださいね。

生ウニ,ウニ,種類