生ウニ通販なら

箱ウニとは?

生ウニ,ウニ,通販,箱ウニ

箱ウニとはウニの美味しさを保つための秘訣です

 

ウニが実際に売られている姿を想像すると、ほとんどの方が箱にぎっしりと詰め込まれたオレンジ色のウニの姿を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

生ウニ,ウニ,通販,箱ウニ

 

実際のところ、そう思って間違いありません。雲丹でもなければほとんどのウニは箱ウニとして扱われているのが一般的です。しかしアワビやサザエなどの同じ殻に入った海の幸が殻に入れられたまま売られることもあるのに対し、ウニが何故黒い殻を持ったまま売られることが少ないのか。そう疑問に思われる方もおられるでしょう。

 

ウニの殻を外すことに危険が伴うのも原因の1つではありますが、実はそれ以上に生のウニはとても当たり外れが大きいためなのです。

 

生のウニで鮮度が良いものは口の中に入れてとろけるほどに旨みを持ち、ウニの食べ方の中でも最上級のものであります。
しかしそのようなウニを食べるためにはウニを水揚げしている漁港にでもいかなければ口にすることは難しいでしょう。
反対に生ウニでも鮮度が落ちてしまったものはハッキリ言ってあまり口にしたいようなものではありません。

 

なのでウニの美味しさを保つために、ミョウバンという食品添加物が使用されています。
ウニは本当にすぐに鮮度が落ちて身が解けてしまうので、生の味に少しでも近いウニを全国に届けるために取られる保存方法です。
こうしてミョウバンなどによって綺麗に形を整えられたものが箱につめられて箱ウニとして販売されているというわけです。
しかしこれは必ずしも良いことばかりではありません。ミョウバンはどうしても独特の苦さを持ち、それは多少なりともウニの持つ旨さに影響を与えてしまいます。ウニが苦手という方はあるいはこのミョウバンの味を苦手にしているのかもしれません。

 

なので最近では塩水のパックに入れて保存した塩水ウニというものも流行しつつあります。これは箱ウニとは違いミョウバンを使わないので、生ウニ本来の旨みをそのまま味わうことが可能で評判も悪くありません。しかし、やはり箱ウニと比べると鮮度が落ちるのは早く2日程度しかもたないでしょう。ならば冷凍すればいいのではないか、と思われるかもしれませんがこれもオススメ出来ません。

 

生ウニ,ウニ,通販,箱ウニ

 

ウニの身が溶けやすいのは水分を多く含むゆえのことで、冷凍してしまうと解凍した際に生ウニや塩水ウニはまず元の姿を保てずにやはりその身を溶かしてしまうでしょう。そのようなことを考えると、やはり箱ウニは現状より最適なウニの販売方法の形であるのは間違いありません。実際、有名なお寿司屋さんでも箱ウニを使用するのは珍しくもないことです。一番の旨さを持つ生ウニにはかなわないまでも、その美味しさを保とうとした形が箱ウニであることを考えれば普段私たちが口にするようなウニも普段より美味しく感じるような気がするから不思議ですね。

生ウニ,ウニ,通販,箱ウニ