うにの賞味期限

うに通販の賞味期限はどのくらい?

生ウニ,ウニ,通販,賞味期限

うに通販の賞味期限はどのくらい?

 

生ウニを味わうなら、実際に北海道に旅行して、現地で食べるのが一番!
ですが、ウニの旬のシーズンに合わせて、仕事を休んで旅行に行くのはなかなか難しいもの・・・。

 

 

最近は、ネット通販でお取り寄せできるところが増えてきました。
自宅にいながら、本場の味が楽しめるのは、嬉しいですよね。

生ウニ通販人気ランキング

 

 

ただ、ネット通販で食べものを買う場合、注意したいのが「賞味期限」です。
特に、生で食べるものは、賞味期限が短くなってしまいがち。
通販の生ウニは、どのくらい日持ちするのでしょうか?

 

 

生ウニは、大きく分けて2つの種類があります。
「板ウニ」と「塩水ウニ」です。

 

板ウニは箱板にウニがきれいに並べて売られているものです。
こちらでは、ウニの身が溶けるのを防ぐために、「ミョウバン」という食品添加物が使用されています。

 

ミョウバンには、保存料として、食品の劣化を防ぐ役割もあります。
板ウニの場合、漁で獲られて加工された日から、1週間弱の賞味期限を設けているところが多いようです。

 

 

一方「塩水ウニ」は、プラスチックの容器に塩水に浸した状態で売られています。
海水に近い濃度の塩水につけることで、鮮度を保っていますが、基本的には「無添加」。

 

そのため、「塩水ウニ」の場合は、どうしても日持ちが2〜3日程度と短くなってしまいます。
届いたその日のうち、もしくは翌日には、食べてしまった方がが良さそうですね。

 

 

生ウニ通販人気ランキング

それでも、お取り寄せするなら、「塩水ウニ」が断然おすすめです!

板ウニで使用するミョウバンは、ウニ本来の甘みを奪ってしまいます。

 

北海道民の私の感覚としては、現地で食べる味とは違います。
地元の漁師さんも、「本当はこんな味じゃないのになあ・・・」と思いながら加工しているのが実のところ。

 

生のウニは、残念ながら、冷凍保存もできないのです。
食べきれるよう少量の「塩水ウニ」を買って、ぜひ、食べていただきたいです。

生ウニ,ウニ,通販,賞味期限