生ウニ通販なら

赤ウニってどんなウニ?

生ウニ,ウニ,通販,赤ウニ,エゾバフンウニ

ウニのなかでは希少種!天然は幻のウニといわれる赤ウニってどんなウニ?

 

赤ウニは、太平洋側では銚子から九州、日本海側では津軽海峡から九州、さらには韓国済州島一帯に生息する温帯性のウニです。

 

殻を含めた直径は5〜8cm位で、殻の特徴は真横から見ると殻を上下に押し潰したように平たく扁平な形をしています。
(このことから、ヒラタウニという別名で呼ばれているところもあります。)

 

棘は細くて短く、色はその名前の通り赤褐色ですが、なかには淡紅色や紫色のものもあります。

 

生息している場所は、ムラサキウニと比べて水深が深く主に潮下帯から水深30mから水深5m程度の礫の広がる所や、転石帯の岩石などの下に潜り込んで生息していることが多く、岩礁帯で見られることは少ないです。

 

赤ウニの主食は、海藻類のなかでも寄り藻を好んで食べています。

 

赤ウニの可食部は未成熟期の卵巣と精巣ですが、10〜11月の産卵期(本州中部での産卵時期)が近づくと苦味が生じて食べられなくなるため、赤ウニを食する旬の時期は夏です。

 

その味は、西日本で食べられるウニ類(アカウニ,バフンウニ,ムラサキウニ)のなかでも特に美味しいといわれています。

 

天然の赤ウニは、海の深い所で生息していることから獲ることが難しく、 とてもデリケートなために少しでも傷ついたりすると、体中のトゲが外れですぐに死んでしまいます。
ですから赤ウニの水揚高は少なく、食通の間でも人気の天然の赤ウニは幻のウニと呼ばれて高値で取引される高級食材となっています。

 

生ウニ,ウニ,通販,赤ウニ,エゾバフンウニ

 

天然の赤ウニ以外にも、福岡県や佐賀県などでは、赤ウニの栽培漁業も行われています。放流用種苗の生産量も西日本のウニ類では赤ウニがもっとも多く行われています。

 

赤ウニは、未成熟期の卵巣と精巣が食用とされ濃厚な甘みが味の特徴ですが、産卵期が近づくと苦味が生じて風味が落ち食べられなくなることから、本州中部での産卵期は10〜11月であることから赤ウニが最も美味しくなる時期は夏から産卵期に入る前までのごく未短い期間といわれています。

 

 また、北海道などの北側の地域によっては、エゾバフンウニを赤ウニと呼ぶところもあります。エゾバフンウニを赤ウニと呼ぶのは、殻が赤いからでなく可食部である身がオレンジ色をしており、キタムラサキウニを白ウニと呼ぶことに対して、赤ウニと呼んで区別したことから、そう呼ばれるようになったようです。エゾバフンウニの旬は6月頃の初夏です。

 

 赤ウニのおいしい食べ方には、生食、塩うに、焼きうに、うに丼、寿司のネタにして食べるのがおすすめです。

生ウニ,ウニ,通販,赤ウニ,エゾバフンウニ