通販で買ったうにの食べ方

美味しい「うに通販」、どんな食べ方がおすすめ?

生ウニ,ウニ,通販,食べ方

美味しい「うに通販」、どんな食べ方がおすすめ?

 

お寿司や和食のお店に行くと、決まって食べるのが「生うに」。
大のウニ好きで、あちこちに旅行に行くたびに、現地で食べたり、おみやげを買って帰ったりしています。

 

 

そんな私が、今まで食べた最高のウニと言えば、利尻/礼文島で食べた生きたままのウニ!
地元の漁師さんが、その場で割ってくれて、殻ごと食べたあの味・・・。
ふわっと、口の中でとろけていくような、なんとも言えない甘さがあるんです。

 

最近は、ネット通販でも、美味しいウニがお取り寄せできるようになってきましたね。
私も何度か利用していますが、「塩水うに」として、塩水に浸して北海道から空輸で送られてきます。

 

 

海水に近い状態なので、まるで、生きたウニを浜でむきながら食べている食感と美味しさ!
自宅にいながら、利尻/礼文島の広大な風景が目に浮かんでくるようですね。

 

 

通販でお取り寄せした美味しい利尻/礼文島産の生ウニ
そのままで食べるのも、もちろん最高です。
私のおすすめの食べ方を、いくつかご紹介したいと思います。

 

 

●手巻き寿司

 

炊き立てごはんに、自分でウニをのせて、海苔で巻いて食べる!
子供がいる家庭など、パーティ感覚で楽しめますよね。
ホカホカのごはんと、とろっとしたウニの相性は最高。

 

 

●ウニ2種丼

 

北海道で獲れるウニは、「バフンウニ」「ムラサキウニ」の2種類があります。

生ウニ通販人気ランキング


バフンウニは濃厚な甘さ、ムラサキウニはあっさりした甘さが魅力。
どちらも美味しいので、2種類のせて食べると、もう料亭のような贅沢な味わいです。

 

 

●海鮮丼

 

北海道と言えば、ウニ以外の海産物も魅力!

生ウニ通販人気ランキング


いくら、ホタテ、エビなどとともに、豪華に盛り付けた海鮮丼もおすすめです。

 

 

私の場合、いろんなアレンジを楽しむ前に、まず、ウニだけをそのまま食べています。
何もつけなくても、甘味があって美味しいですよね。
当サイトでも紹介していますので、ぜひ、試してみてください。

生ウニ,ウニ,通販,食べ方